効能・効果

勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない 患者)

用法・用量

通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時 間前に経口投与する。10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容 性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、 20mgに増量することができる。軽度又は中等度の肝障害のある患 者では10mgを超えないこと。なお、いずれの場合も1日の投与は1 回とし、投与間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間 隔は24時間以上とすること。なお、中等度の腎障害のある患者では 最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には 投与間隔を48時間以上とすること。重度の腎障害のある患者では 5mgを超えないこと。

次の患者さんはシアリスを内服できません。

1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

2. 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸 アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者[「相互作用」の項 参照]

3. 可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激剤(リオシグアト)を投 与中の患者[「相互作用」の項参照]

4. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者

5. 不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことの ある患者

6. コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又は コントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)のあ る患者

7. 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者

8. 脳梗塞・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者

9. 重度の肝障害のある患者

10. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエス テラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる。]