爪が食い込んで痛い、靴がはけない、爪のわきからうみのようなものが出ていてよくならない、などでお困りの方へ

上記のような症状が出た場合に多くの方がご自宅でまずは試されるのが、「爪をできるかぎり短く切ってしまう」です。しかし、これはかえって症状を悪化させる危険性があります。短くなった爪がかえって組織の中に埋まってしまって炎症を悪化させることが多いからです。
当院では、このような症状に対して保険適応治療と自費治療をおこなっております。

保険適応治療

陥入爪手術 フェノール法

薬剤で爪の根本を焼く治療です。爪の幅を狭くして、爪の食い込んでいる部分を除去します。
ただし、爪の見た目が悪くなるという欠点があり、
かつ幅を狭くした爪がさらに巻いて食い込み症状が再発することがあります。

自費治療(保険適応外)

VHO法

ワイヤーを、爪に装着して中央を引っ張ることにより、弯曲した爪の形を少しずつ改善していく爪矯正治療です。

価格(税抜き)
VHO初回 13,000円
VHO2回目以降 10,000円
人工爪

光硬化樹脂による人工爪を装着し、矯正を行います。

価格(税抜き)
人工爪 初回 13,000円
人工爪 2回目以降 5,000円